感染防止策の案内時における配慮事項

はじめに

交通事業者は、緊急事態宣言以降も社会を支え続けるために公共交通の運行の維持が求められる。そのような状況下において、安全な運行と続けるためにコロナウイルスの感染防止のための様々な取り組みが行われている。

このページでは、それらの取り組みを

  • 利用者に丁寧に情報を伝えることで安心して利用できる環境を整える
  • 利用者へのお願いを周知することで運行者の安心も確保する

ことを目的として、「感染防止策のお知らせ」を掲載する際の配慮事項をまとめる。

基本事項

取り組み情報の整理

丁寧に伝えるためには、情報を整理して記載することが大切です。取り組みを行っている対象(人・車両・施設)ごとに分類し、利用者の行動に合わせた対策を示しましょう。

    • 検温・体調管理
    • マスク・手洗い・うがい・アルコールによる手指消毒
  • 車両
    • 清掃・消毒
    • 換気
    • 運転手、利用者同士の距離の確保
  • 施設
    • 清掃・消毒
    • 窓口などでの利用者との距離の確保
    • 待合環境の整備
    • 人の集まるイベントの自粛

実施可能な最大限の対策

地域ごと、事業者ごとに実際可能な範囲は異なるため、全ての取り組みを行うことはできませんが、実施している取り組みの最大限の事例を示しましょう。

  • 運転手が取り組みます⇒運転手・窓口係員を含む全従業員が取り組みます
  • マスクをしていることがあります⇒マスクをすることを義務付けます
  • 消毒をしています⇒営業所に戻るごとに消毒をしています     など

お客様へのお願い

感染防止の取り組みは事業者だけで行うことはできません、車内等においても適切な情報を提供することで、利用者の理解および行動を促すしましょう。
最前列座席に利用中止、運転席へのビニールシート、換気のための窓開けなど通常の運行と異なることについて、車内の様子を掲載することや車内で理解促進のための掲示を行うことが有効です。

(最前列座席の利用中止例、永井運輸提供)

(運転席のビニールシート例、永井運輸提供)

(ステッカーの掲出例、神姫バス提供)

利用者の感染防止には、利用者自身が行動を変えることも大切です。感染防止には以下の3つの行動が有効です。

  • 常に窓を開けて換気(空気感染の防止)
  • 目・鼻・口を触らない(接触感染の防止)
  • 会話は控えめに。会話をするならマスクを着用(飛沫感染の防止)

一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議では以上の取り組みを紹介した動画の公開を行っていますので、併せてご参照ください。
一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議COVID-19特設ページ

ウェブサイト掲載時の注意点

掲載する場所

  • トップページから直接リンクするURLが固定された特設サイトとして掲載する。
  • 通常の「お知らせ」だけに掲載すると、情報量が多くなると埋もれてしまいます。

掲載する情報

  • 特設サイトには「運行情報」「感染防止策」について掲載し、情報更新の頻度が高い「運行情報」を主とし、「感染防止策」を従として掲載する。
  • 利用者が必要とする情報に絞り込むことで閲覧性を高める。同様に、閲覧性の向上のため可能な限りPDFでの掲載を避けウェブページとして掲載する。
  • 「運行情報」の各ページからも直接「感染防止策」へ遷移できるようにリンクを設置する。
  • 情報の更新(追加対策の実施など)を行う際には、追加分だけを掲載するのでなく従来の情報に追加する形で掲載する。

掲載の仕方

具体的に実施する内容や効果などを併記することや、掲示などの写真を掲載することは閲覧者の理解促進につながります。また、国からの情報提供へのリンクは情報の情報の信頼性を高めるためには有効です。

内容の具体例(車内消毒の例)

  • 営業所に戻るごと(いつ?)に次亜塩素酸ナトリウム溶液(何で?)による消毒を行います
  • 手すり、つり革、降車ボタン(どこを?)など、多くのお客様の手の触れる可能性の高い場所について定期的に消毒を行います。

効果の具体例

掲示物等の写真

厚生労働省より、「こまめな換気は有効な感染予防対策」とされております。よって、バス車内においても、可能な限り換気に努めてまいります。換気する窓には、以下のステッカーを貼付しておりますので、この窓が開いている場合は、そのまま開けておいていただきますよう、ご協力よろしくお願いいたします。

(換気中ステッカー、神姫バス提供)

国などからの情報提供の例

掲載例

配慮事項を踏まえました「感染拡大防止のお知らせ」参考例をまとめましたので、あわせてご参照ください。